リアルタイムサービス(11月25日後場情報)

%e5%87%ba%e5%b3%b6%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

日経平均株価は47円高の18381円で終了。一時113円台の後半まで円安が進み日経平均も前場には一時18482円まで上値を伸ばしました。
しかしその後円高に振れた為、日経平均も後場には急速に上げ幅を縮めて一時はマイナス圏まで下落。
しかし本日5日移動平均線が18200円付近に位置している事から、日経平均も18300円を切り、18200円台まで下げると押し目買いが入って反転上昇、プラス圏を回復して終りました。
これで日経平均は7連騰、トピックスは11連騰、今日は週末と言う事もあり、為替が円高に振れた事をキッカケに一旦利益を確定する売りが出た感じですが、押し目買いニーズは強く、買い出遅れた機関投資家にとっては押し目買いのチャンスになった感じ。
短期的な株価の騰勢、流れを見るのは5日移動平均線です、株価が5日移動平均線を上回っている限りは上昇基調継続、切れば一旦流れは下となりますが、今日は5日移動平均線接近が押し目買いのタイミングになったと言う感じです。
昨夜は感謝祭で休場となった米国市場ですが、今夜はクリスマス商戦のスタートとなるブラックフライデーです。
多くの商店や企業が今日は黒字になる事からブラックフライデーと言う名称になっていますが、今年の場合はトランプ政権に対して、消費者マインドが好悪どちらに傾いているのかを見る上で重要視されています。
又近年は商店に買い物には行かず、ネットショッピングで買い物をする消費者も多く、店舗売上だけでは全体像が掴み難いともされています。
直近の金利上昇とドル高の影響も注目されます、好調な消費動向が確認されれば米国株は一段高、消費停滞ムードが有れば懸念が高まり株価も反落、どちらに転ぶのか?今夜の米国株動向は来週を判断する上で重要になります。
今日の日経平均は前場の高値が18482円で後場の安値が18288円ですので、高値から200円ほど急落しています。
この先もこの程度の一時的な株価の振れは何時起きてもおかしくは有りません。
理想を言えば、このような下振れ場面で買いを実行して行くと言う事になりますが、それが何時起きるのかは誰にも解らず、現実にはなかなかその様に都合良くは行きません。
この先の対応としては、保有している銘柄が仮に一時的に下振れすると言う場面が有れば、少しで良いので、安値が有れば買い増しをする、但し最初に買った値段よりも安ければ、と言う対応が出来れば良いと思います。
最初の買値よりも高く買う必要は有りません、安ければ買う、このような対応をしていれば下手にリスクを抱えるような事にはなりません。
今はやや過熱感も有り買われ過ぎ感も有る状況ですが、大局上昇トレンドは変わりません、一時的な下振れも、少し先を見据えれば再度上昇に転じます。
想定外の安値などが有った時には、少し買い増しをしていれば先々その分だけ利益が増えます。
来週はタイミングを見極めながら次の買い出動を考えて行きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る