リアルタイムサービス(11月8日後場情報)

%e5%87%ba%e5%b3%b6%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

日経平均株価は5円高の17171円で終了。今日は寄り付き直後は小幅高でしたが、その後は売りに押されてマイナス圏に沈み、後場は前日終値を挟んで膠着した値動き。終値は小幅安ですが、今日は米大統領選挙の結果待ちと言う状況ですので、今日の値動きも特に意味は有りません。現時点での米大統領選挙の見通しは、ヒラリー勝利を予想する米メディアが多く、問題は大差で勝つか、僅差になるか。大差を付けてヒラリーが勝利すれば特に問題は有りませんが、僅差となると再集計や訴訟など、ややこしい問題も出てきます。順調に行けば明日の午後には勝者が判明する事になりますが、僅差で最後までもつれれば、明日は結果が出ないと言う可能性も有ります。明日の日本市場の前場には、開票作業が進み、途中経過などの発表されますので、その途中経過を受けて円相場や日経平均が乱高下すると言う投機的な動きも有るかもしれません。特に開票作業の前半には、どちらかと言えばトランプ優勢の州から開票が進みますので、前半はトランプ候補がリードすると言う展開も考えられます。簡潔に言えば、途中経過でトランプリードが報じられれば株価が下落し、ヒラリー逆転と報じられれば株価が上昇すると言う乱高下の値動きになると思います。明日に関しては取引時間中の乱高下には余り参加せず、結果確定を待ってから投資再開が良いと思います。一つの投資方法としては、ヒラリー勝利を前提に、下振れの動きが有れば安値買いを狙い、戻り局面では直ぐに利食い実行と言う、乱高下の中で、短期投資を繰り返すと言う投資も有りますが、しかしこのような売買は、デイトレーダーのように、いつでも注文が出来る環境が必要ですので、誰にでも出来る取引では有りません。又、そこまでやる必要も無く、手堅い投資に徹するなら、米大統領選挙の結果確定を待ってから売買をしても何ら遅くは有りません。明日の15時までに結果が判明するかどうかは微妙ですが、あさってには間違いなく結果は判明していますので、次の売買に関しても基本的にはあさって以降で良いと思います。現時点では大差になるのか?僅差になるのか?は何とも言えませんが、ヒラリー勝利の可能性が高いと見ています。明日の日本市場も一時的には乱高下の可能性は有りますが、最終的にはヒラリー勝利で徐々に相場状況も落ち着いて来ます。現在の保有銘柄も引き続き保有継続で良いと思います、但し万が一トランプ勝利となった場合には現在の持ち株も全て売却した方が良いと思います。一旦損失が出ても、先々安値買いを実行すれば損失を上回る利益を得る事が出来ます、トランプ勝利の場合には躊躇無くポジションはゼロにして下さい。そこで出た損失は後々必ず取戻します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る