日経225先物プロライブ(5月15日引け号)

5月15日 日経225先物 3分足チャート

今日は、少しいつもと内容と構成を変えまして、
後半に・・・

※《一人の先物ディーラー》として、今日何を見て・何を考えて取引するのか
     ・・・それを、時系列で書いてみたいと思います。

投機家の《思考パターン》の一例として、参考にして頂ければと思います。
読む前に、自分の中にある《先物市場の習性》を二つほど書きます。

1. どんなに参加者が少なく、商いが薄い時でも、
      一日の値幅は最低で《100円》生まれる
2. 仕掛け的な動きが入るとすれば、主に《9:30前後±15分》

今後の展開ですが・・・
まずは、《一昨日の上昇》と《今日の上昇》の違いをはっきりさせておきましょう。

※ 一昨日の上昇は、《225先物プレイヤーによる投機家の買戻し》での上昇
※ 今日の上昇は、《現物株買いによる投資家の買い》での上昇
       同じ《上昇》でも、《資金量》も《継続性》も全く異なるものです。

今夜は、アメリカの鉱工業生産などの指標が控え・・・
来週は、日本の第一四半期GDP・日銀政策決定会合 アメリカのFOMC議事録
・・・という、重要イベントが控えます。

動きづらいと言えますが、はっきりい言えることは・・・

※ 売りにくい ※
今後も買うかどうかは分かりませんが、
《現物買い》という『資金量が多いと思われる投資家の影』と合わせて、
売り手にとっては非常に身動きのとりにくい環境と言えると思います。

よって、今夜の目線は《買い》のみで行きます。

注目点は、一昨日のナイトセッションで《はじき返された》、というよりは
《買い手が現れなかった》
19850円から、
さらに上
19850円以上でも『買う』という投資家が現れれば、
20000円を目指すのだと思います。

その水準で弾き返されては全く面白味はありませんが、
20000円を突破しての新しいトレンド》を期待する気持ちがあれば・・・

※ 買いの水準、《19850円》抜けの19860円
多少リスクは付きまといますが、この戦略で行きたいと思います。

ロスカットは、19780円に設定します。
ここから先は、今日の相場を、ディーラーの心理とエントリーポイントを併せて、
実況していきたいと思います。

今日の前場は相変わらず、ほとんど《銀行連動》みたいな動きでした(´・ω・`)
並べてみれば、それが良く分かります。

そして、日経平均(先物)・・・

『今日は、買いから入ってみたいな。』まずは、銀行株チェック(´・ω・`)

朝の《6分間》、高く始まったものの、相変わらず弱い動き。
『まだ売るの?』・・・つられて、先物も弱い動き(´・ω・`)
9:06分を過ぎて、今度は銀行全般に《買い》。
『来た!行け!』『いい加減、今日は売りが止まったか!?』

そのままの勢いで、日経平均先物《19760円(実質19750円)まで上昇。
『さーて、ここからだ!』
『銀行はさらに伸びてるし、TOPIXも強いし、今日は《仕掛け》入るか!?』

9:30経過、何もなし・・・。
『今日もまた、何もなしか(´・ω・`) 売るかな・・・』
しかも、9:30頃に、銀行株が揃って値幅のある下げ・・・
『もういいや、さようなら』

その後は、『どっちなんだよ・・・』と思いつつ、
もう一つの要因で、目線は下方向へ。

銀行株が止まって、先物ディーラーもやる気がなかったら・・・
※ 《値嵩株》を見るしかない。
『思った以上に、ファナック弱い。』

『下かなぁ・・・。』
10:00前の段階で、上下のレンジはほぼ決定。

先物取引が長い方なら、皆さん知ってるかもしれません・・・
☆ 商いが薄い日でも、なぜか必ず(?)100円の値幅は動く

この時点で、安値《19680円》 高値《19760円》
つまり、最低でも・・・
※ 上に行けば《19780円》、下に行けば《19660円》
・・・上値重いし、ファナック弱いし、雰囲気的には下だけど、まだ根拠に乏しい。

そして、10:00過ぎ頃から・・・
『あ、銀行だれてきた(´・ω・`)』『もう、下で決定』
・・・ここまで来たら、迷わず売るところ。

上か下の2択で、下の根拠がこれだけ揃って、目標株価も設定できたのだから。
結果、ほぼぴったり《19650円》で下げ止まり。

ちなみに昨日も、前場の値幅は《110円》でした。

さて、ここからどうなるか・・・
(お昼休み中)
『それにしても誰も買ってこないな』
『中国弱いし、昨日の《売り仕掛け》もあったし、
         また誰か真似するんじゃないかな?』
『とりあえず、売ってみるかな』
『それが、本物(売りっぱなし)かは怪しいけど・・・』

結果、12:00から、また仕掛け的な売りが・・・
『また誰かやったよ』『それにしても、どうしてこの時間?』
『しかも、この商いの少なさ・・・これ、自己の仕掛けだろ?』
『胡散臭すぎる(´・ω・`)』

商いの少なさを確認して、ぜひこのような節目前の《19610円》は、
腹をくくって買いたいところですね。

逆に行っても、大してやられませんから。
結果、まとめて買戻し。2匹目の土壌はおらず(笑)

後場はしばらく、どうすればいいか分かりませんでしたが・・・

※ 下に仕掛けていかなかったということで、もう下に仕掛ける投機家はいない
・・・それだけは間違いないと思うから、《上》目線でいくところですね。

『てことで、《19660円》買い!』

どの程度儲かるかは分からないけど、どうせ、そんなにやられませんから(笑)
前場の悪役だった《銀行株》も、下げ止まってるし。

一時間経過、眠い・・・
『やっときた~』《19700円》で売り(笑)
『早い? そんなこと、知らない(; ・`д・´)』
『あ~、《19720円》まで食われた!』
『《19710円》で指すから、もう1回買わせてくれ!』

これが、自分のスタイルです(笑)

出来てすぐに《19740円》で指値。
早売りした教訓、全く生かさず(笑)
『あ~、なんか、銀行来た(@_@;)』
『注文取り消し、取り消し(゜Д゜;)』
『いけ~!ぶっ飛べ~!』

・・・・・・・・・
銀行しか、伸びなかったですね。

何で上がってるのか分からなかったので、週末に買い戻したい投資家がいたのかな?
程度に思っていたのですが・・・

日経電子版に、『三菱UFJ自社株買い』みたいな記事が載ったそうです。

結局売りそびれて・・・
今日は現物に買いが入って《TOPIX》も強かったですし、引け前にこの強い動きをして最後にだれるなんてことは、まずはない・・・はず?

☆ 《19750円売り 不成》

これをセットして、終わり。
大抵・・・
引け前にこれが売れるようなときは、ナイトセッションで一段高になるんですが。

これは余談ですが、自分が出演している、ニコニコ動画で放送中の株番組内で・・・

※ 下げても《VIX指数(ボラティリティ)》が逆に下がっている

・・・ボラティリティ(予想変動率)が下がるということは・・・
※ 大きな資金を運用している投資家を中心に、
相場の参加者は大きな下落を《ほとんど見込んでいない》

もう一つ、突っ込んだ話をしますと・・・

※ 昨日売っていた投資家ですら、それほどまで下値を売り叩くつもりがない
・・・そういうことを意味すると、お話しさせて頂きました。

そして、ボラティリティの実際起こる割合は・・・
※ 90%以上 ※
・・・現役ベテランの、先物・オプションディーラーの方から聞いたお話しです。

今回もやはり、そうでした。
先物を売買されている方も、現物株を売買されている方も、
ぜひボラティリティ(予想変動率)も参考にして取引をしてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る