出島テクニカルワールド(5月26日推奨銘柄 )

0526週

↑(週足)

 

0526日

↑(日足)

 

【全体相場解説と投資判断】
5/26(木)日経平均株価は△15円の16772円で終了。昨夜の欧米株上昇を好感して本日の日経平均も買い先行で始まり一時16957円まで上げ幅を拡大、上値の壁となっていた16800円台を一気に抜けて、5月SQ値の16845円も超えたものの、日本市場では円高が進んだ事で日経平均も急速に上げ幅を縮小、小幅高で終ったものの一時はマイナス圏に沈むと言う展開。G7サミットの結果待ち、6/1の安倍首相会見の結果待ち、17000円回復はそれからと言う感じ。投資スタンスとしては引き続き指数よりも銘柄重視と言う発想で対応して行けば特に問題も無いと思います。

【銘柄情報】(MZ)クロス・マーケティングG(3675)  情報通信  100株 
5/23に買い推奨をしましたが、待ち伏せ価格への下落無く買えず、再度買いを狙いたいと思います。同社はネット市場調査を核にマーケティング領域で事業を展開しています。マーケティングリサーチは順調、大手企業との直接取引きも増え採算改善、サイト運営、企画も市場は拡大基調、ニューロマーケティング(脳科学を用いた調査)のセンタン社とも業務提携、ビッグデータ解析など、新たな市場創造の可能性も持ちます。業績も好調で今12月期業績見通しは増収増益、1株利益32円見通しで、同社の成長期待を考えれば株価は割安、テクニカル的には2014年7月に734円の高値を付けた後は調整局面が続いて来ましたが、2月安値275円で底打ち完了、3月以降は底値固めの展開が続いており、再浮上の局面が期待出来ます。5/24には一時401円まで急伸しましたが、一旦適度な調整安が想定されますので、押し目買い狙いで臨みたいと思います。テクニカル的には360円台、340円台が目先の下値支持帯になりますので、安値が有ればそれぞれ買い下がると言うスタンスで臨みたいと思います。同社株は100株単位で買えますので、少しずつ安値を買い下がり、先々の吹き上げを待つと言う対応も一考です。当面は420円付近が上値目処になりますので利食い目処は420円接近時、但し多少の行き過ぎを考慮しても5/18安値319円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。好業績、低PER、大局底値圏にある割安株として安値が有れば押し目買い有利の銘柄と考えます。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・本文参照

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、低PER
【第1買いポイント】  360円台
【第2買いポイント】  340円台
【売り値目標】  420円接近
【損切り設定】 319円を切れば損切り

 

ネット市場調査核にマーケティング領域で事業展開。調査は2位級。中国に拠点。純粋持株会社。マーケティングリサーチは内外とも順調。国内は大手企業との直接取引増え採算も改善傾向。サイト運営、企画のITソリューションも堅調。採用や広告費のコスト増をこなし営業小幅増益。若干ながら純益最高更新。配当性向15%メドに変更。

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
04/26
2部
6731
ピクセラ
5/26終値111円、推奨から1ヶ月が経過しましたが、引き続き保有継続で対応したいと思います。明日以降は130円接近で利食い、100円を切れば損切りして撤退。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る