週トレ短期売買(4月20日情報)

イラスト

【週トレ短期売買】

 

【今日の相場を振り返って】

4/20(水)日経平均株価は△32円の16906円で終了。今日は買い先行で始まり寄り付き直後には17099円まで上げ幅を広げた日経平均でしたが、買い一巡後は戻り売りに押されて上げ幅を縮小。円高が進んだ事、中国株が大きく下げていた事、クウェートの石油施設労働者によるストライキも終わった事で、今夜の原油相場下落を想定した感も有ります。昨日大きく上昇した日経平均でしたので、上げ幅は縮小したものの、小幅高で続伸となった事は出来過ぎとも言えます。しかし今後本格化する主要企業の決算発表を考えると、強含みの相場には違和感もあり、主力銘柄に関しては要注意と言う感じがします。簡潔に言えば株価が上がる要素は無く、下げる要素は多々有ると言う状態ですので、強含みの展開の裏には何らかの思惑も有ると思います。日経平均に関して余り期待は持たない方が良いと思います。又これまで異常なほどの強含みの展開が続いて来たマザーズ銘柄も、既に大きく上昇している銘柄などは今日はほぼ全てが利食いに押されて大きく下落。一つの流れが終わったと言う感じがします、しかしながらそれも既に大きく上昇している銘柄に関しての事で、これまでに余り上昇していないような銘柄に関しては懸念は不要。逆に銘柄乗換えの動きが出て来れば、出遅れている銘柄が上昇し出すと言う展開も想定され、過熱感の無いマザーズ銘柄に関しては特に気にする必要は有りません。

 

【当面の相場展望】

クウェートの石油施設労働者によるストライキの終了で今夜の原油先物相場がどの程度下げるのか?又は上昇するのか?若干読み切れない動きが続いている原油先物相場ですので今夜の値動きに要注目。今日は中国株の大きく下落し、円相場もやや強含み、国内主要企業の決算発表本格化を控えて機関投資家の多くも様子見状態、おのずと投機筋の影響が強く出る状況ですので暫くは乱高下に注意と言う感じ。しかし銘柄重視の投資ならさほど警戒する必要は無いと思います、引き続き強い銘柄を狙うと言うスタンスが最善。

 

【明日の見通し】

明日の日本市場は、今夜の原油先物相場の動向次第です、原油が下げればリスクオフが強まり円高、日本株安になり、原油が上がれば、リスクオンで円安、日本株高が想定されます。しかし基本的には方向感なく上げ下げを繰り返す相場。

 

【投資アドバイス】

原油相場、円相場共に依然先行き不透明感が有り、中国経済や米国経済にも先行き不透明感が有ります。簡潔に言えば依然株式市場を取り巻く状況はさほど良いとは言えません、しかしながら個々の銘柄を重視すれば又別の景色が有る、多くの銘柄は弱含みですが、一部の銘柄は強含み、これが今の日本市場の現実です。日経平均が多少不安定でも、銘柄重視の投資をしていれば、日経平均の値動きも特に神経質になる必要は有りません、明日以降も引き続き銘柄重視で対応して行く、その様な投資環境になります。

 

【保有銘柄に関するアドバイス】

現在保有中の銘柄の、7527システムソフトが本日50円高154円、ストップ高まで上昇しています。1/14に買い推奨をして買いコストは110円程度です、十分に利益が乗っていますので明日は売却して利食いを実行したいと思います。明日以降もまだ上昇が続くと言う可能性もゼロでは有りません、リスクを取って、自己判断が出来るなら、明日半分を売り、数日状況を見た上で残りの半分を売ると言う対応も一考では有ります。しかしその場合は、利益が増える可能性も有りますが、利益が減る可能性も有ります。自己判断で売却で出来れば分けて売ると言う対応も良いですが、手堅く行くと言う事なら明日の寄り付きで全株利食い実行が良いと思います。他の保有銘柄に関しては引き続き保有継続で吹き上げを待つと言う対応で良いと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る