週トレ短期売買(4月12日情報)

イラスト

【週トレ短期売買】

 

【今日の相場を振り返って】

4/12(火)日経平均株価は△177円の15928円で終了。今日は寄り付きこそ小安く始まりましたが、その後円相場が円安に振れた事から日経平均も上昇に転じて上げ幅を拡大。しかし16000円に近づくと上値が重くなり一段高に買うような動きも無し、しかし売り込む動きも無く、15900円付近での膠着した値動きが続きました。何らかの力が働いて、上がらず下がらずと言う感じの値動きで日経平均は推移したと言う感じ、しかし依然個別物色は旺盛、市場の地合いとしてはそれ程悪くは有りません。簡潔に言えば今の日本市場は今後本格化する国内主要企業の決算発表待ちと言う状況、円相場の水準は企業業績にも大きな影響を与えますので、円相場が落ち着かなければ企業業績も読みきれず、このような不透明感が漂います。新興市場銘柄を中心とする、テーマ性を持つ内需系の小型材料株に関しては引き続き強気で良いと思いますが、東証1部の主力銘柄や日経平均に関しては引き続き弱気。株価で有る以上は上げ下げの波は当然ありますが、東証1部の主力銘柄に対しては戻り売りスタンス、逆に新興市場銘柄を中心とする、テーマ性を持つ内需系の小型材料株に対しては押し目買いスタンス、当面はこれが基本になります。銘柄によって投資スタンスも売り買い対応が分かれると言うのが今の日本市場です、4月一杯はこのような状況が続くと思います。

 

【当面の相場展望】

円高も一服した感が有りますが、まだ楽観は出来ません、株式市場は108円程度の円高は既に織り込んだものの、この円相場の水準が国内主要企業の業績にどの程度の影響を与えるのか?それは今後本格化する決算発表を見るまでは確認が出来ません。決算次第ではもう一段売り込まれると言う展開も一応想定しながら対応する方が安全。しかし新興市場銘柄など内需系の小型材料株は堅調、引き続き2極化を強める日本市場と言う感じです。

 

【明日の見通し】

円高に一服感が有り、円相場に大きな変動が無ければ日経平均も5日移動平均線が位置する15800円付近が下値支持帯、上値抵抗帯は10日移動平均線が位置する16060円付近、この間での値動きになると思います。

 

【投資アドバイス】

現在25日移動平均線は16600円付近に位置していますので、株価はやや下方乖離が拡大しており、日経平均はもう少し上昇する余地は有ります。当然円相場次第と言う事になりますが、もう少しリバウンド余地が有ると言う事は、需給的には買いがやや優勢と言う状況。円高による行き過ぎた悲観も落ち着いて来ていますので、明日は新興市場銘柄の買いを狙って見たいと思います。

 

【本日の買い推奨銘柄】

本日の買い推奨銘柄は、ジャスダック銘柄、4582シンバイオ製薬(本日終値251円)、同社は、がん、血液、自己免疫疾患の3領域に特化し、他社から新薬候補品を取得して製品化する事業形態。ゼロからの開発ではなく、ある程度の選別を経た新薬候補のみ製品化を目指しますのでリスク少なく大きな成果を得る可能性も有ります。今の日本市場ではバイオ医薬関連が物色人気を集めており、関連銘柄が日替わりで吹き上げると言う動きが出ています、同社も昨日急騰して290円まで上昇、そして今日は反落となっていますが、テクニカル的には上昇トレンド継続中の状況ですので、もう一段の下落を想定した上で安値買いを狙って見たいと思います。

テクニカル的には210円付近が大きな下値支持帯になりますが、210円付近までの下げが有るかどうかは何とも言えません。しかし今の日本市場の物色動向を見る限り同社株は調整一巡後には再度上昇に転じる可能性が大、最善の買い方としては、数回に分けて買い下がると言う買い方、同社株は100株単位で買えますので数回に分けて買い下がると言う買い方に適していると思います。

まずは時価近辺の250円前後、その後安値が有れば240円、230円、220円前後と10円刻みで買い下がって安値を仕込み、利食い目処は290円接近時、但し200円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。多少値動きの激しさは有りますが、急騰後の初押しは買いと言うのが投資の基本、多少のリスクは有りますが、買いで臨みたい銘柄です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る