週トレ短期売買(4月5日情報)

イラスト

【週トレ短期売買】

 

【今日の相場を振り返って】

4/5(火)日経平均株価は▼390円の15732円で終了。昨夜の米国株は反落、注目された米雇用統計の発表を通過し、来週からは主要企業の四半期決算発表も始まりますので一旦ポジションを解消する動きが出たと言う展開。又、イランが原油を増産した事から原油先物価格が下落した事も売り材料に。米国株の反落も有りますが円相場が一段と円高に振れ、今日も日本市場は売り先行の展開で日経平均株価は下げ幅を拡大。円相場は110円台まで円高が進み、国内主要企業の業績悪化への懸念が一段と高まっています。円高進行で最も悪影響を受けるのはトヨタなどの大手自動車株です、トヨタ株も下落基調が続き、いまだ下げ止まりの兆しは見えません。国内主要企業の株価下落で日経平均も16000円を下回り15700円台まで下落、今週末にはSQも控え、SQに向けての投機的な売りもかなり有ると思われます。週末がSQですので、明日、又は木曜日までは投機的な売りが続く可能性が有りますので今週はSQ要因でもう一段の下げは想定して対応する方が良いと思います。

今日は新興市場銘柄を中心とするテーマ性を持つ内需系の小型材料株も総じて軟調な展開、止まらない円高と日経平均の下落で、一旦リスクを避けると言う動きが出ている感じです。

 

【当面の相場展望】

円高の動きが一巡し円安の流れが出て来るまで日経平均は軟調、加えて主要企業の決算発表待ちと言う事情も有り、当面需給的には売りが優勢と言う感じです。その様な状況で今週末にはSQが控えています、投機的な売りも強まっており、今週はどこで下げ止まるかに注目。テクニカル的にはキッカケがあればいつでも大きな反発は有り得ます。

 

【明日の見通し】

円相場の動向、SQに向けた投機筋の売り圧力次第と言う感じですが、一段安の展開になれば、まずは15500円付近が下値目処、更に下げれば15250円、15000円とSQがらみで見れば250円刻みでフシが有ると言う感じ。

 

【投資アドバイス】

止まらない円高に日銀や政府への政策期待も高まっていますが、今のところは明確は要人発言も無く、株式市場としては反発に繋がるキッカケを待つと言う感じです。本日午後2時から財務省と金融庁と日銀が国際金融市場に関する情報交換を目的とした幹部会合を開催する事が伝わると日経平均も一時下げ幅を縮めたものの長続きはしませんでした。具体的な話が出て来ないと反発のキッカケにもなりません、暫くは何らかの政策発動を催促する催促相場的な動きになると思います。何かが出て来るまで売りが続く、しかし何かが出て来たらそれをキッカケに株価は急反発、少し先を見据えればその様な展開も想定されます。しかしこれまでにも一時的に大きく下げると言う事は多々有りましたが、少し先を見据えれば一旦は大きく反発すると言う動きになりました。今回も過去の事例と同様に、仮にもう一段大きく下げると言う展開になったとしても少し先を見据えれば上昇に転じる時期は来ると思います。簡潔に言えばもう一段大きく下がると言う展開になれば、その時には保有銘柄の買い増しを実行して、買いコストを引き下げ、その後の上昇を待つと言う対応で、最終的には利食いに持って行くと言う事も出来ます。又は利食いまで行かなくても、今は含み損の銘柄を、損益トントン程度で売却に持っていく事も出来ます。しかしその為には資金的な余裕が必要で、仮に今目一杯のポジションを持っているなら資金的余裕を作る為に一部買いポジションを手仕舞いしておかなければなりません。その様な観点からも推奨時に損切り価格とした水準を本日切った下記2銘柄は明日売却して損切りを実行したいと思います。一旦損をしても先々取り返せば良い事です。

 

【保有銘柄に関するコメント】

3825リミックスポイント 本日終値204円

3/10に買い推奨をしたリミックスポイントですが、4/1に推奨時に損切りとした220円を下回りましたが、一時的な下振れの可能性も有った為、数日様子を見ていましたが、本日の反発力は弱く本日終値は204円です。好材料を持つ銘柄ですのでもう一段の下げも我慢して先々の反発を期待して持ち続けると言う選択肢も有りますが、日本市場全体的な弱気ムードの強まりも有りますので明日は売却して一時撤退したいと思います。

 

4814ネクストウェア 本日終値171円

3/22に買い推奨をした同社株ですが、本日推奨時に損切りとした価格173円を下回って終りました。明日は売却して一時撤退したいと思います。

 

株式投資をする以上は利食いになる事も有れば損切りになる事も有ります、一つ一つの結果よりもトータルの結果を重視し、見切る時は見切ると言う割り切りも必要。損切りをして回収した資金で、次の投資をして利益を上げれば今回の損失も十分挽回は出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
ページ上部へ戻る