出島テクニカルワールド(1月22日推奨銘柄 )

0122週

↑(週足)

 

0122日

↑(日足)

 

【全体相場解説と投資判断】
1/22(金)日経平均株価は△941円の16958円で終了。ドラギECB総裁が追加緩和を示唆した事で昨夜の欧米株が上昇して原油相場も反発、行き過ぎた悲観状態に有った日本市場も株価急反発で大きく上昇。投機筋もドラギ発言を受けて、来週の日米金融イベントを前に買い戻しに転じた模様、リバウンドで目指す上値目処は18000円付近、日銀金融政策決定会合は28・29日ですので直前までは追加緩和期待が継続して戻り基調の展開が期待出来そうです。年初から続いた下げ局面は一旦終了、次はリバウンドを試す局面となります。

【銘柄情報】(東1)野村不動産HD(3231)  不動産業  100株 
昨夜のECB理事会終了後の記者会見で、ドラギ総裁が次回会合での追加金融緩和を示唆した事から、株式市場のムードが一変、来週は米FOMC、日銀金融政策決定会合も有りますので、にわかに日銀の追加緩和期待が高まっています。金融イベント接近で投機筋も今日から買戻しに転じたようで、週明けは大きく下げている好業績銘柄で、尚且つ金融緩和関連銘柄となる、同社株の買いを狙いたいと思います。同社は収益不動産を核とした資産運用に強みを持ち、日銀の追加緩和はリートなどを手掛ける同社株には追い風、今期業績も最高益更新見通しで、同社1株純資産は2232円、1株利益208円でPERは9倍程度と割安感も有り、リバウンド狙いの投資には最適な銘柄だと思います。本日終値1961円で、この価格前後で買えれば理想的ですが、多少の振れは許容範囲と考えて、2000円以下で月曜日が寄り付きそうなら買いを実行したいと思います。注文の仕方としては、指値買い注文で価格を2000円と入れておけば、2000円以下なら約定します、それ以上で寄り付いた場合には買えず、寄り付き後に2000円を付ければ買えると言う事になります。当面は2300円付近が上値目処になりますので利食い目処は2300円接近時、但し昨日安値の1853円を切るような展開になればリスク管理上損切りして一時撤退となります。一旦リバウンド入りの展開になりますが、仮に日銀の追加緩和が無かった場合は、日経平均も同社株も再度下げに転じますので、その場合はすかさず売却して逃げると言う対応が必要になります。日銀の結果が出るのは29日昼過ぎ、28日までは追加緩和期待が続く事になりますのでそれまでに利食い出来れば何も問題は有りません。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・本文参照

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】追撃買い
【ポイント】 好業績、追加金融緩和関連
【第1買いポイント】  1900円台
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  2300円接近
【損切り設定】 1853円を切れば損切り

 

『プラウド』ブランド等のマンション開発、分譲が主力。収益不動産を核とした資産運用に強み。住宅分譲は引き渡し6150戸(12%減)に引き下げ部門減益。が、賃貸ビルの稼働率が想定以上で営業益上振れ。増配幅も拡大。17年3月期は分譲戸数が一段減少も、賃貸収益が安定増で高水準。

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
01/21
1部
2749
JPホールディングス
1/22終値292円、日本市場急反発で、同社株の下振れはなくなりました。買い推奨は一旦取り消します。
01/20
ジャスダック
6629
テクノホライゾンHD
1/22終値277円、推奨時利食い目処とした260円に到達し利食い完了

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る