週トレ短期売買(12月22日情報)

イラスト

【週トレ短期売買】

 

【今日の相場を振り返って】

12/22(火)日経平均株価は29円安の18886円で終了。昨夜の米国株の上昇を受けて今日は日本市場も買い先行で始まりましたが、買い一巡後は売りに押されて下げ幅を拡大、しかし特段の売り材料も有りませんので、売り一巡後には切り返して一時はプラス圏に浮上。

しかしながら売り材料も無いものの、買い材料も無く、一段高に買い上がる様な動きも有りません。明日が祝日で休みと言う事も売買見送り姿勢を強め、売買代金や出来高も閑散、簡潔に言えば手掛かり材料不足で開店休業状態のような相場状況でした。先週末の日銀金融政策決定会合の結果を受けた後、日本市場は今日で3日続落となりましたが、値動き自体は落ち着いてきており、先週末の大きな乱高下の影響も収束しつつあります。海外勢の多くもクリスマス休暇で休みが多く、日本市場も明日は祝日で休みですので、そう言う意味では今日の閑散相場も致し方有りません。又、今日は多くの材料株や小型株も売り物に押されて下げる銘柄が多く、これは年末を控えて節税目的の損失確定の処分売りが出ているのだと思います。しかし、材料株や小型株を買うような投資家は、必要に迫られて一旦売却をしても、その後再度同じ銘柄を買い戻す傾向が強く、処分売りが一巡すれば多くの銘柄が反発に転じると思います。

 

【明日の相場展望】

明日の日本市場は祝日で休み、休み明けの24日はクリスマスですので引き続き海外勢の参加は少なく、今日と同じ様に閑散相場になると思います。当面は新たな材料を待つと言う感じになると思います。指数は引き続き膠着、個別物色意欲が高まるかどうかに注目となります。

 

【今後1週間程度の相場展望】

今週は海外投資家の多くもクリスマス休暇となり、市場参加者の減少から日々の売買代金も減少すると思われます。出来高・売買代金が減少すれば主力銘柄などの大型株よりも新興市場銘柄などの小型株を物色する動きが強まります、資金効率優先、省エネ相場と言う感じです、少ない資金で効率良く利益を上げるには値動きの軽い小型株が最善、年末が近づくほどにこのような投資家心理も強まって行きます。今はまだ先週末の乱高下の影響が残っていますが、休み明けの24日以降に、個別物色意欲が強まれば年末に向けて期待が持てます。

 

【投資アドバイスと注目銘柄】

今日は、現在保有継続中の銘柄に関してコメントをしたいと思います

 

芦森工業、引き続き保有継続でプラス圏への浮上を待ちたいと思います

 

日本化学工業、引き続き保有継続でプラス圏への浮上を待ちたいと思います

 

オンコセラピーサイエンス、推奨時340円台、320円台、300円台と買い下がりをアドバイス、本日300円台まで下落し、全て約定完了。年末に向けて上昇を待ちたいと思います

 

岩崎電気、上記に同じく引き続き保有継続でプラス圏への浮上を待ちたいと思います

 

保土谷化学工業は推奨時待ち伏せ価格で未だ買えず、推奨は一旦取り消したいと思います

 

ブロードバンドタワー、保有継続で上昇待ち

 

メディネット、保有継続で上昇待ち

 

アンジェスMG、240円台、220円台共に約定、保有継続で上昇待ち

 

システムソフト、保有継続で上昇待ち

 

先週末の日銀金融政策決定会合の結果を受けて相場が一時的に乱れましたが、落ち着きを取戻せば新興市場銘柄は有望、大納会までまだ数日有りますので、期待を持って日々の値動きを見守って行きたいと思います。 来年には参議院選挙が有ります、衆参ダブル選挙になる可能性もあり、株価は安倍政権の生命線でも有ります。年末で市場参加者も少なく、日々の売買代金も低調ですので、GPIFや日銀が株高誘導的に買い上がれば2万円に近づいて大納会を迎えると言う可能性は有ると思います。プラス思考の発想にはなりますが、可能性がある以上は前向きに期待を持って今後年末までの相場に対応して行きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る