出島先物ワールド(11月25日推奨)

日経先物151125

寄り前情報
昨日の米国市場は反発しました。欧州市場が下落していた事もあり寄り付きからはマイナス圏で推移していたのですが、引けにかけて買われ小幅ですがプラス圏に浮上したという展開でした。昨日も書きましたが現状は日替わり相場で方向性が出ていませんので次の展開待ちと考えておけば良いでしょう。日本市場は2営業日続けて午後に入って買われてそれまでのマイナス圏からプラス圏に浮上して終わるという展開でした。昨日の米国市場も同じような展開でしたが、年末に向けて一相場目論むプレイヤーが仕掛けている可能性もあります。ただ米国市場はともかく、日本市場に関してはマーケットが相当過熱していますので、仮に年末に向けて一相場あるにしてもこのまま上昇していくというのは無理があると思います。昨日は変化日でしたのでまずは昨日の変化日の位置付けを見極めます。昨日を一旦戻り高値に調整に入るのか、それとも米国市場の休場等もありますので次の変化日までエクステンションを継続し更に過熱させてから調整に入るのかです。私は一旦調整した方が上げ易くなると思いますが、仕掛けている筋がどう考えるかは何とも言えません。ただ、昨日も書きましたようにエクステンションしている相場はリスクとリターンのバランスを考えれば買いに妙味はありません。
そのような前提で本日は、19970円(昨日の高値)以下で推移し下に方向性を出せば売りで良いでしょう。19970円を抜けば上値を試す可能性はありますが、前述した理由から買いは原則見送りで良いと思います。仮に年末まで上昇するとしても一旦は調整を入れなければ上値の重さは解消されないでしょうから、買いはその調整を待ってから考えた方が効率が良いと思います。それが今回の変化日であれば次の変化日辺りが買い場になるかもしれませんし、次の変化日まで更にエクステンションを継続するようであれば調整が深くなる可能性もありますので更に絶好の買い場となるかもしれません。いずれにしてもエクステンションしているような相場展開は、売れる環境が整えば売りを考えた方が良く買いを考える局面ではないと思っておいた方が良いと思います。

基本トレード  リスクトレード 
価格帯 本日の中心レンジ 19400~19970
売買ポイント 売ポイント 19920~19970  ロスカット 20000
買ポイント なし

大引け情報
本日は19860円で寄り付き、19870円ワンタッチで下落し19790円で下げ止まって横ばいに入りました。後場に入って恣意的な買い等が入り前場の高値を抜き19890円まで上値を伸ばしましたがそこまででした。引けは19850円でした。
メディア等ではトルコ軍がロシア軍機を撃墜した事で地政学的リスクが高まった事で売られたという解説をしていました。その材料を織り込んで昨日の米国市場は上昇していましたので、後講釈にしても少々乱暴なコメントです。メディア等の分析はさておき、本日も後場に入って恣意的な買い等が入りましたが日足は陰線を引きましたので、昨日の変化日を一旦戻り高値に調整に入る可能性が高くなりました。このまま次の変化日まで調整を入れてマーケットを冷やす事が出来れば上値が軽くなると思います。その場合は下値の水準にもよりますが買いを考える局面になるかもしれません。しかし米国市場が休場の間に恣意的な買い等が入って下値を支えたり、次の変化日までにサポートを切ってしまうようであれば買えない可能性もありますのでまだバイアスは掛けない方が良いでしょう。しっかりと調整すべき時に調整し、サポートを切らずに反転すれば年末に向けての一相場に期待が持てます。まずは次の変化日までの展開を見極めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る