出島式投資ワールド(11月20日推奨銘柄)

20151120

(6368)オルガノ
四季報2015年秋号によると、水処理装置は電子向けが顧客の投資活発で台湾など海外に加え国内も伸長。医薬鈍いが電力向け増勢。受注、売上とも想定超。大型設備案件増に伴う粗利率低下、海外人員増など販管費増こなす。増益
原発再稼働効果はイオン交換樹脂メンテなど15年度数億円程度。老朽化で更新ピーク迎える中小食品メーカー向け排水設備の営業重点強化。インドで合弁設立。

11月2日決算発表。前回と変わらず2016年3月期決算は増収・増益予想。
2011年3月11日の東日本大震災の直後の3月17日に433円まで下落し、その後6月15日の641円まで急反発となりましたが、ここをピークに600円をはさんだもみあいが続き、2012年2月29日に555円で売転換となって下放れし、6月4日の427円まで下落しました。ここから下値を430円水準とし上値を600円水準とする大きなボックス相場の中の動きとなって現在に至っています。今年になって5月26日の597円を高値に下限の431円まで下落し、ここからの反発となって10月26日に498円で買転換となっています。ボックスの下限に向かう押し目買い有利といえます。

売買ゾーン 利食いゾーン 損切り
①460~480円
②450円前後
①の場合530~550円
②まで下げると500円前後
現時点ではなし
テクニカルワールドによる全体相場見通し
11/20(金)日経平均株価は△20円の19879円で終了。昨夜の米国株は小幅反落で上昇一服、円高進行、日銀イベント通過、3連休前の週末と言う事も有り、今日は売り先行で一時140円ほど下げたものの、下げれば押し目買いが入る底堅さは変わらず、大引け前には上げ幅を広げてプラス圏で終了。過熱感は意識されながらも先高期待は根強く、東証1部から新興市場銘柄への循環物色の動きも出ています。来週も引き続き個別重視の発想で対応して行けば特に問題は無いと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る